この世に偶然なんかない

上田竜也とKAT-TUNとその他色々

SMAPとかKAT-TUNとかオタクとか





はじめはサイゾーじゃん!って思いました。
帰省中だったため、いとこ(ニノ担)と話し合いどうせガセだという結論に。

んで、それより錦織の試合と思ってTwitterを閉じて、試合にそなえて寝ました。


起きると7時でした。

台所で、錦織が負けたというNEWSが流れてました。
そう、私は錦織の試合をみないまま朝を迎えました。でも、負けたなら見ないほうが精神上良かったかもしれないと思いながら箸を手に取りごはんを食べ始めました。

すると、隣でごはんを食べていたおじさんに「SMAP解散するって」と言われました。 



急いでごはんを食べて、Twitterをみると昨日の深夜から発表されたそうで。
寝たままで精神上とても良かったと思いました。

そして、1日たった今日もNEWSではSMAP解散についてコメンテーターさんたちがたくさんの意見をかわすなど報道がなされています。

その前から報道はされていましたが、当たり前にジャニーズファンはてんやわんやです。
そんな中で色々な意見があったように思います。


SMAPを応援しているかたはデビュー組が多いとは想いますが、トラビスジャパンというジャニーズJrのグループの一員である宮近くんは生放送の番組に番宣で出演し、その報道を横で聞いていました。
事務所に所属しているのはSMAPだけではありません。どうか後輩もいるということを忘れないでください。


なぜSMAPは解散してほしくない。国民的スターなんだからとTVはいうのでしょうか?


ー他のグループなら解散してもいいってこと?

事務所と揉めて、事務所が悪いとファンは決めつけるのでしょうか?

ーそもそも文春が焚き付けたのが始まりじゃないの?事務所がなくなったら、今所属している人はニートになればいいの?

新聞は正しい、芸能リポーターもこう言ってると鵜呑みにできるのでしょうか?

ーなぜ本人の口からの言葉も事務所からの指示という人もいるのにそれよりも遠い言葉が信じられるの?

意地のわるい私はそんな風にも思ってしまったりしてしまいました。
いったい、何を信じたらいいのか分からなくなってきます。


それに、私は知っていました。Twitterは過激になりやすいツールです。どんどん考えが飛躍して、なんだか別の次元のようなことに向かってしまうこともあります。

でも、そんなときどこかに正解はないのか、それも私は経験上から少しだけ知る手段を知っていました。

それは中丸くんです。
奇しくも報道があってから一番に彼はコメントをしないといけない立場にいました。

田中聖くんの解雇の時も、田口淳之介くんの脱退の時も彼はファンのために、真実で語ってくれました。

私はきっとここに答えがあると彼の言葉を待つことにしました。



そして、彼の言葉をきいて、きっとSMAPの皆さんは自分たちの意思でこの決断をしたのだと感じました。

悲しくても、嫌でも、決まったことはきまったことで、まだKAT-TUN歴の浅い私はそれを一回だけ経験しました。そして、今この瞬間をしっかりと焼き付けることがファンにできることです。ありがとうこれからもよろしくと伝えることです。

今は受け入れなれなくても、悲しいことにいつかは受け入れられる日が来てしまうのでしょう。
こんな短期間に似たような文章を2度書くなんて思ってもませんでした…



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆



SMAP解散報道の2、3日で書いていたので供養