この世に偶然なんかない

上田竜也とKAT-TUNとその他色々

積んで見ている人のお話




もうすぐクリエが始まりますね!

クリエの積み具合は凄いですよね。

でも、キャパが狭い会場なのでそうなるのかなと思えたりしますが、アリーナといえどコンサートの積みが凄い嵐は流石ですよね。

もっとも嵐はいつもですが…



そんな嵐のコンサートではとうとう顔認証をつけるようになった、ということはだいぶ前から知られている話ですが


顔認証といっても目視によるチェックだと思っていたので、機械によるものと知り、チケット売買ができなくなっていて嵐のファンの方にとっては喜ばしいことなんだろうなと思っていると

ふと母の知り合い、
といっても1、2回しか会ったことがないひとですが…
その人のことを思い出しました。

彼女をS子さんとしましょう。
彼女はもう子供が成人していてもおかしくない年齢で、嵐が握手会をしているころ、いえそれ以上前からの大野くんのファンでした。

大野くんが何処にいるかわからない握手会で、たまたま大野くんの列に並んでいて、握手をするときS子さん自身のことを大野くんに認知されているくらいなので、それほどに大野くんのことが大好きなんでしょう。

もちろん、S子さんは嵐が爆発的人気になる前からコンサートにもあしげく通いつめ、最前列で輝くステージを観ていました。

嵐の爆発的人気後も、お金持ちで結婚をしていなかったS子さんは、お金を積んで最前列で輝くステージを観に行っていると、当時はおっしゃっていたそうです。







S子さんのような人は他にも沢山います。

でも私はそれが別に とまでは言えないと考えています。

確かに特に嵐は入りたくても入れない人でコップの水は溢れっぱなしですが、

現場なんだからそーゆうものなのかもしれないとも思ってしまう冷めた自分は、お金をそこに使う人もいてもいいのでは?とも考えてしまいます。

そんな人は一握りなのだから、割り切らないとやってけないし、そんなのに叶いっこない。


そーゆうすごい人もいる。すごいな~

これだけしか思わないし、そのほうがきっと心は楽になる。

さて、話題は顔認証。
いったい彼女たちはどんな作戦をたてるのだろうか。